11/27岐阜ウォーハンマー会 オルクvsブラックテンプラー 2000p戦  バトルレポート前編

こんにちは。

今回は11/27に行われた岐阜ウォーハンマー会での40k2000p戦ゴフ・オルクvsブラックテンプラーのバトルレポートになります。

今回の岐阜ハンは参加者10名+見学1名、アーミー被り無しの大バトルになりました。

そして今回遂にオルク2000戦の初陣です。

1000p戦では割と圧倒的な迫力を見せていましたが、2000p戦では通用するのか否か。

いざ勝負です。

 

ルールはウォーゾーン:ネフィリム準拠、バトルプランは「失われし遺物の確保」です。

ゴフ・オルクはガズ様やマカリ、騎乗ビーストボス、キル・リグ2体とキャラクター多めな編成。

ブラテンは固有ユニットはクルセイダースカッドのみで、リデンプター・ドレッドノート3積みとR・エクスキューショナーが目玉。

エージェントとしてインクィジターを編入し、サイキック対策がしてあります。

キル・リグ1台をテレポート待機させ、バトル開始です。

先攻を取ったのはブラテンでした。

1ラウンド先攻(ブラテン)

・テックマリーンのバフを受けたR・エクスキューショナーの砲撃でキル・リグAがほぼ半壊

・エリミネイターが決死の仁王立ち。キル・リグの前に立ちはだかり、陣地奥への侵入を阻止。

・リデンプター達の砲撃は振るわず。

 

1ラウンド後攻(オルク)

・早期から白兵戦が始まるのを見越し、終わらねぇ、大いくさ発動

・スマッシュスクイッグ突撃やキル・リグのサイキック、最後にはデフドレッドに惨殺され、

エリミネイターは無事死亡。ただほぼ全ての能力を受け切り、後続の移動を阻む値千金の働き。期待のキル・リグの射撃は効果を発揮せず。

・デフコプタ6体の一斉砲撃でR・エクスキューショナーを守るインターセッサーを爆散。R・エクスキューショナーに3D6突撃からの白兵を狙うも失敗。警戒射撃で落とされた上に戦意テストに失敗し、追加で2体を失う羽目に。煙幕を張られるのを避けて射撃対象をインターセッサーにしたのが裏目に出た結果。

 

2ラウンド先攻(ブラテン)

・下車したエラディケイターによってデフコプタが全滅

ビークル部隊の射撃により、スマッシュスクイッグ2体、キル・リグA、デフドレッドが次々と戦死。

 なお、キル・リグAに止めを刺したのはデフドレッドの爆発である。なんとか脱出したビーストスナッガ・ボゥイ達もリデンプターにより壊滅させられる。

2ラウンド後攻(オルク)

・転送したキル・リグBと突撃したスクイッグホッグボゥイによる全力の攻撃でR・エクスキューショナーを撃破。

しかしR・エクスキューショナーが盛大に爆発し敵味方を多数巻き込む。ブラテン側が戦団能力で致命傷を無効にする一方で、キル・リグB、ビーストボスに手痛いダメージ。

・リデンプターに突撃したガズ様。これが全くダメージが通らず、逆に殴り返される始末。

そして取り残されるマカリ君。

 

3ラウンド先攻(ブラテン)

・キル・リグBとビーストボスに砲火が集中。防御ロールが走らず、順当に削られる。

・リデンプターとガズ様の殴り合いは一進一退の模様。

・マカリ君の幸運チャレンジ。射撃は生き残るも、その後殴られて無事死亡。

 

3ラウンド後攻(オルク)

・起死回生のためにビーストボスとキル・リグBでリデンプターに突撃するも微動だにせず。

反撃でキル・リグBがほぼ一撃KO。止めを刺したのはテックマリーン。

・ガズ様vsリデンプターは辛うじてガズ様が勝利。

ここまでで時間切れで投了しました。

10時頃開始して17時までの激闘。

勝利ポイントも46-48で僅かに負けていたのでほぼ完全敗北です。

 

ユニットの所感や感想等は後編にて。

第2回岐阜アグリコラ 泥沼リターンズ

こんにちは。

今回岐阜各務原にて、再び「アグリコラ:泥沼からの出発」を遊んできました。

急な用事等のために当初予定より少ない3人での対戦となりました。

日航空ショーが行われていたらしく、戦闘機の編隊飛行の音が聞こえる中での対戦です。

 

 

2戦やった結果、2戦とも最下位でございました。

前回のリベンジと行きたかったのですが不甲斐ない結果に。

1戦目はゲーム全体で食料補助系のカードが少なく、3人とも点数は伸びづらかったんですが、その中でも断トツのビリです。

敗因は何のボーナスもなく畑の拡張を進めたことかな。

食べる分の小麦しか用意できず、畑を有効に活用出来ませんでした。

手札のシナジーも薄い上、手順も間違えて無駄撃ちしています。

2戦目は打って変わって禁止級のパワーカードが猛威を振るった展開に。

トップとはダブルスコアの差をつけられ、大差で敗北を喫しました。

自分の中ではそこまでの悪手を引いた実感は無いのですが妥協した展開が多かったのかなぁという気がします。

あとは自分農村の食料生産量をちょっと見余っていたかと。

終盤は食料生産が追いつかず、得点に絡む行動が出来なくなっていました。

まぁ当然なんですが、まだまだ知識と経験が足りてませんね。

アグリコラはほんと一生遊べるようなゲームデザインをしているのでその奥深さはほんとに底知れません。

いずれまたリベンジできる機会が来ますように!

次回の記事はたぶん、ウォーハンマー40k。

オルク2000pの初陣になるかと思います。

何か思わぬ大規模な対戦会になりそうでワクワクしております。

それではまた。

 

2022年度天皇賞秋 勝利馬イクイノックス、おめでとうございます

本日10月30日、2022年度天皇賞秋が開催されました。

国内でも有数のレースだけあり、今回も素晴らしいレースが繰り広げられました。

スタートから大逃げをかました7番人気パンサラッサが後続を大きく引き離し、あわやそのまま逃げ切るかと思われましたが、1番人気イクイノックスがゴール直前で捉えてそのまま勝利。

驚くべきハイペースで逃げたパンサラッサが最終コーナーを抜けてもかなりの差が開いていたのでそのまま行くのかと思ったんですが、これを最後に差し切ったイクイノックスも本当に見事なものでした。

最後の直線がもう少し短かったら結果は変わっていたと思います。

圧倒的1番人気の面目躍如ですね。

しばらくG1で1番人気は勝てていなかった気がするので、プレッシャーを跳ね除けた見事な走りでした。

スタートから熾烈な先頭争い、そこからの大逃げと最後の末脚と見どころ満載のレース。

良いものを魅せていただきました。

・・・まぁ、馬券は外れたんですが。

今回は順当に有力馬が強そうかなぁって気がしたんですが、パンサラッサはノーマークでした。

流石、令和のツインターボ

 

ゲームマーケット2022秋 日帰り弾丸ツアー

10月29日晴れ。

たぶん国内最大のアナログゲームの即売会、ゲームマーケット2022秋に行ってきました。

旅費をケチって、新幹線の日帰り往復ツアー。

一昔前は夜行バスとか使ってたんですが、疲れるわりにそんなに安くないので最近はもっぱらこのコースです。

事前に乗る新幹線を決めてしまうので時間には注意が必要。

行きの新幹線より。

富士山はやっぱ大きいなぁ。

人生で一度は登ってみたい。

 

こんな写真は撮ってるくせに会場内の写真は撮っていなかったことに帰ってから気づきました。

コロナの影響で無くなっていた試遊卓が復活し、久しぶりの完全体ゲムマに夢中だったかな。

あと思った以上に時間が無かった。

確保するものに並び、会場を一回りするしか出来ませんでした。

でも楽しかったー。

こちら戦利品。

もっともっと買いたいものはあったけど自分の財力ではこれが限界でした。

今月に車検さえ無ければもう少しいけたかなぁ…。

 

 

帰りの新幹線にて遅めの昼食。

これで千円とお値打ち価格。

2022年度菊花賞勝利おめでとう、アスクビクターモア

こんにちは。

本日10月23日。

クラシック三冠の最後の1つ、菊花賞が開催されました。

皐月、ダービーと勝ち馬が分かれ、ダービー馬のドゥデュースが出馬しなかった今回。

1番人気のガイアフォースが本命に押されつつも他の有力馬も決して劣らない人気を獲得。

そんな実力伯仲の菊花賞を勝利したのは2番人気アスクビクターモアでした。

しかも記録を1秒以上縮めるレコードでの勝利。

レース展開は序盤一気に抜け出したセイウンハーデスが先頭を奪取。

中盤にてこれを交わしたアスクビクターモアがそのまま先頭を維持し、ボルドグフーシュとジャスティンパレスにハナ差まで迫られつつもなんとか逃げ切っての勝利となりました。

4位のドゥラードレスですらレコードペースなのでそれだけハイレベルなレースだったことがわかりますね。

非常に見ていて面白いレースでした。

ただ一応枠連で的中を拾いましたがオッズが伸びずに収支はマイナスです。

昼食一食分くらいですかね。

んー、期待していたヤマニンゼストやドゥラドーレスはそこそこ力を魅せてくれましたがまだ成長途上だったんですかね。

と、訳知り顔で言ってみますが厚顔甚だしいですな。

次週待つのは天皇賞(秋)

こんどはどの馬が栄光に輝くことになるのか、楽しみです。

 

 

2022年度秋華賞 勝利馬スタニングローズ

こんにちは。

本日、2022年度のG1秋華賞が開催されました。

まぁ、ウマ娘から競馬に入った口なんで全然詳しくないんですが。

応援するつもりでG1クラスのものだけ低額で賭けたりしております。

ゲームの方はガチャの確率を信用していないのでほぼ無課金勢。

代わりに(?)こちらのリアル馬達に課金してるわけです。

今回の勝利馬は3番人気だったスタニングローズ。

1番人気にして2冠馬のスターズオンアースを抑えて見事に秋の冠を勝ち取りました。

そして自分の方は3連複と枠連で的中。

低額なんで2,3食分位の儲けですかね。

元値を回収できれば私的には勝利。

とはいえ大穴も一応仕込んではいたんですが、今回は順当に人気馬達が強かったです。

1番人気でありながら不安視されていたスターズオンアースも終わってみれば入賞圏内と健闘していました。

非常に強いレースを観せて頂けて大満足です。

次の勝負は菊花賞ですね。

皐月、ダービーと異なる馬が勝っていますが菊の冠を被るのはどの馬になるか。

そして私は勝つことができるのか。

10/23、出走です。